深いしわに効く化粧品は浸透率で選ぶ|細胞に働きかける化粧品

ウーマン

お尻ニキビの原因

お尻

女性の密かな悩みといえば、お尻ニキビを思い浮かべる人も少なくないでしょう。特に夏場ともなれば水着を着る機会も多くなるので、悩みを抱える人が増えるものです。
お尻にニキビができる原因は、大きく分けて3つあります。一つは、蒸れです。お尻は常に下着に覆われているので通気性が悪く、蒸れやすい場所です。長時間椅子に座ることが多い人などは、汗をかきやすく、皮脂が出やすくなるためニキビができやすいといわれています。女性の場合は整理中にナプキンを使用するため、特に蒸れやすい状態にあります。二つ目の原因となるのが、摩擦です。乾燥によって肌が荒れやすくなった状態で下着や衣類の摩擦が加わると、皮膚の表面が硬くなり、毛穴に汚れがたまりやすくなるのです。更に摩擦はニキビの原因となるだけでなく、ニキビの治療を長引かせることもあります。保湿で潤いを保って、摩擦が起きにくい状態を保ちましょう。三つ目の原因としては、体重などの負担が挙げられます。椅子に座ると、上半身の体重は全てお尻にかかります。体重が増加するほどに負担がかかり、お尻の皮膚が硬く熱くなってしまいます。角質が硬くなると毛穴が詰まりやすく、ニキビができやすくなるので、適切な体重を保ちましょう。お尻ニキビを作らないためには、まずはお尻を清潔に保ち、保湿することが銃砲です。ジェルタイプの保湿化粧品はお尻に定着しやすいのでおすすめです。日々のスキンケアを怠らずに健康的な生活を心がければ、お尻ニキビは予防できます。